new_DSC08050
さあ今回は以前よりご紹介したかったこちら、
山形市の銅町にあります名酒場「一ぱいや」さんのご紹介!
DSCN0967
ぐっと一杯明日への力!これぞ大衆酒場党のスローガン!
new_DSC07943
酎パイ、ウ井スキー、ジース!単位が万!遊び心溢れるお品書き。
DSCN0985
「五時より春夏冬」?ん、秋がないぞ?秋がない、秋ない、あきない、商いだー!!!
ちなみこちら土日が定休日ですのでご注意ください。
DSCN1019
平成20年で50周年ということは、今年平成27年だから57年目!?
DSCN0986
と、店構えを見ているだけでも底知れない風格にこれらを眺めて
一杯やれそうな感じですがそれは迷惑ですので中へ入ってみましょう。
DSC08021
はい最高ー!
10席ほどのくの字形のカウンターのみの無駄な余白が一切無し、
まるで映画のセットのような昭和のまんまの佇まい!
DSC07988
ガラスの棚に収納されたテレビがBGM代わりに。
先代がお好きだったという大相撲の時期には今でも盛り上がるのだとか。
DSC08031
カウンター背側には荷物などをおけるスペースが。
もしかして以前はここも座席だったんでしょうか。
DSC07964
天井には河豚や天狗、瓢箪などの縁起物が無数にぶら下がっております。
DSC07954
こちらがこの一ぱいやを創業された親方(現在は娘さんが代を継いでいらっしゃいます)。
89歳までこのカウンターに立っておられたそうです。お会いしたかったなあ。
DSC07997
ちなみにこの「一ぱいや」さんは今回同行していただいた禿生さんbabydriverさんは以前から利用されていたそうなのですが、管理人がここを知ったのはつい最近でありまして、当時都内在住のチミドロスズキナオさんよりひょんなことから教えていただいたのがきっかけなんです。こんな居酒屋好きにドンピシャな店をご存知とは皆さん流石ですが、やはり一ぱいやが持つ強力な磁力に引き寄せられたってことですよねえ。
new_DSCN1043
額に飾られた舌代。ここに無いメニューもあったり、レバ刺しなどの現在では提供できない
ものもあったり、値段も変わってたりもしますので諸々女将さんにお尋ねください(情報丸投げ)。
DSC07948
この日はまず瓶ビール(キリンのラガー)からいただきました。
お通しは大根の沢庵漬け。この塩辛いのをつまようじで頂くスタイルって山形駅前の
「そね田」や、寒河江の「さらや」などのもつ焼きの名店と共通しているんですが
なにか繋がりがあるんでしょうか?次行ったときに聞いてみますね。
DSC08020
それではこの目の前でグツグツといい音をさせているこちらからいただきましょうか!
DSC07951
銅町ならではな鋳物鍋でじっくりと煮込まれている味噌味の白モツとこんにゃく、
それが一ぱいや名物の煮込み!
DSC07962
美味い!素材の良さと丁寧な処理によってムチっと噛み切れる程度な柔らかさのモツに
味の染みたこんにゃく。これ煮込まれた時間でいろんな状態の味が楽しめそうですね。 
後入れの薬味のネギに火が通るように間に仕込んでくれる心遣いも嬉しいですね。
DSC08038
こちら「センマイ」。お酢でさっぱりといただけるもつ焼きの端休めにぴったり。
ってまあこれもモツなんですけど。
DSCN1092
続いてはもつ焼きもおねがいしましょう!
手入れの行き届いたロースターで部位ごとに合わせたタイミングで焼かれていきます。
new_DSC_0978
ズバーンと三種類串ものが登場しました!
DSC07969
こちら「しろ」、やはりタレが合います。間のネギとのハーモニーも抜群。
DSC07974
そして「あぶら」。
体にいい訳が無いプルンプルンの脂身にかぶりつくこの背徳感がたまんね~!
DSCN1057
そして人気なのがこの「レバー」。
カリッとするまで焼かれた表面とねっとりとした内部とのバランスが絶妙!
これでも十分美味しいのですが以前はこれを軽く、軽~く焼いてニンニク醤油で、なんていう
裏メニューもあったそうですが、生食が禁止された現在は適わず、食べてみたかったなー(泣)。
DSC08006
こちらは「さがり」を塩焼きで。
肉らしいジューシーさとしつこくなさでいくらでもいけそうです。
DSC08010

こちらは味噌焼きが標準仕様の「がつ」。
DSC08014
サクサクとした歯ごたえに焦げた味噌の香ばしさも相成ってまあ美味いこと!
DSCN1100
そしてこちら以前頂きました「なんこつ」。
こちらにはカレー粉が振りかけられています。コリコリ&スパイシー。
DSC08017
こちら「酎ハイ」。
下町酒場では定番の宝焼酎で作るいわゆるレモンサワーなんですが
まあこれが美味しくて飲みやすくて進むのなんの。
前回来たときは飲みすぎて大変なことになったので、この日は自重するのが大変でした。
DSCN1075
日本酒は山形の地酒「秀鳳」。専用の燗つけ機で温めたチロリから熱いやつを
コップに並々とついでいただけます。やはり寒い日はこれですね。


2012年の来店した際に録画させていただいた映像も含めて動画にまとめてみました。
行きた過ぎて編集するのが辛かったです。
DSCN0966
というわけで飲んで食べても2000円もあれば大満足、山形市の銅町に名店あり!
市内繁華街からは離れた場所にあるので地元の方以外にはアクセスがよろしくないのですが
大衆酒場好きならきっと楽しんでいただけるのではないかと思われます!
ただ繰り返しますが土、日、祝日が定休日なのと夜9時で店じまいするのと、
高確率で満席の場合とありますのでタイミングを見計らってご来店ください!
DSCN1023
一ぱいや
山形県山形市銅町1-6-20
営業時間 17:00~21:00
定休日 土日、祝日
TEL 023-623-6684