new_DSC05348
さて、今回は山形県南陽市赤湯温泉の秋のイベント「赤湯ふるさと祭り」に行ってきました報告です!
Thumbnail
この祭りは烏帽子山八幡宮の秋の例大祭に合わせて赤湯の温泉街のメインストリートが歩行者天国になり、
二日間に渡って様々な催しが繰り広げられます秋の一大イベントとなっております。
new_DSC05312
というわけで、祭り二日目の9月13日、夕方から家族で参加させていただきました。
DSC05315
商店街のお店も提灯が飾られお祭りムードに一役買っています。
DSC05366
「金田屋魚店」にも提灯が。いい魚屋なんですよねえ~。
DSC05318
温泉街の観光拠点「ゆーなびからころ館」の前にもくじ引きや体験コーナーなどがあり
子供テンションブチ上がり。
DSC05367
黒光りするお獅子様。
DSC05374
赤湯温泉の管理人が一番良いと思える一角にも祭り仕様に。温泉宿にかかる紅白幕がステキ。
DSC05377
う~ん、いいですねえ。
DSC05334
お、なにか勢いのある若者たちが来たー!


この祭りのメインイベントである暴れ獅子の皆さんが駆け抜けていきます。すごい迫力!
DSC05337
ウオー!!!!
new_DSC05327
その後はまた平穏なふるさと祭りに。こちらチビッコ向けのフワフワ遊具コーナー。
DSC05325
どこからか必要以上なぐらいの爆音が聞こえてくると思ったらこんなベースパトロールカーが。
new_DSC05363
そしてこちらはバッテリーゴーカートコーナー。
こういった子供が楽しめるイベントが沢山あるのが子連れにはありがたいですね。
DSC05357
こちらではスポ少対抗綱引き大会が。
DSC05353
そしてこちら春は桜の名所で有名な烏帽子山神社へ続くお御坂では
先ほどの暴れ獅子が上下で引き合うという勇壮な神事がこの後待ち構えております。
DSC05352
その麓にはこのようなステージがあり暴れ獅子太鼓の皆さんによる演奏で祭りを盛り上げます!
DSC05359
さて、そろそろお祭りグルメでもいっておきましょうかグヘヘヘ。
DSC05330
歩行者天国の両脇には祭りに欠かせない沢山の屋台が立ち並びます。
new_DSC05360
子供に人気のギャンブル型抜きもありました。
DSC05344
そして大人にはこういったドリンクの販売もあるのでご安心ください。
 DSC05346
プッハー!
すこし肌寒くはなりましたが外で飲むビールは格別です。よし、つまみを探そう。
DSC05378
おおう、もってこいなのが販売されてるじゃないですか!
DSC05385
柔らかいモモ肉をタレで、ビールに合うー!
DSC05381
ビールのおかわりはセブンイレブンが店前でやっていた屋台でさっぽろ黒ラベル。
DSC05382
そこにあったなんとポップコーンは無料。ウレシイー!
DSC05343
赤湯といえばぶどうの産地、そしてワイン。
こんなかわいらしい樽で販売なんて買うしかないじゃないでしょう!
DSC05362
美味いぃぃぃぃ!
こちら「大浦葡萄酒」の赤、ぶどうの香りと渋みがバランスよく口に広がります。
立ち飲みでプラコップで雑に飲むワインも楽しいものです。
DSC05388
数ある屋台の中でひときわ目を引いたこちらの焼き魚屋さん。
DSC05392
なるほど川魚専門のようですね。じゃあ焼きたてをいただいちゃいましょうか。
DSC05394
で、デカイ!!!
こちらジャンボヤマメとのことでこのサイズでなんと600円!
ふっくらとしているのに旨さが凝縮されたヤマメのうまさときたら…。
DSC05407
白ワインしかないぜーっ!白はフルーティーな甘さがあってヤマメとの相性抜群!
DSC05396
ひとしきり一人で盛り上がっていると、遂に暴れ獅子のお御坂での引き合いが始まりました!
DSC05399
しかし、あっという間に終了。本番の引き合いはもう少し後になるようですね。
new_DSC05417
まだまだ祭りは続くぜ!と、暴れ獅子太鼓のデモンストレーションが始まりました。

楽しい~!ほろ酔い加減もあいまって踊りだしたくなるようなグルーヴ感!
DSC05424
子供たちもくじ引きを楽しんだりと全方位隙なしな面白さの赤湯ふるさと祭りでございました。
DSC05426
さ、シメになにか食べて帰りましょうということでこちら温泉街の入り口にあるラーメン居酒屋の「浅草」へ。
DSC05429
久しぶりでしたが相変わらずのグっとくるこの雰囲気、たまりません。
DSC05441
一杯だけいただいちゃおうかなとハイボール。
これがロックか、というほどのウイスキー濃さに恐縮です!
DSC05437
サービスはウイスキーの濃さだけではありません。こちらお通しのフレッシュサラダ。
DSC05438
そして丸ナス漬け。いい色してますねえ、皮がパリッとした秋茄子は美味しいなあ。
DSC05444
こちら焼きそば。
まず目玉焼きと大量の青のりのビジュアルインパクトに食欲そそられますが、濃すぎないソースが
麺や具の素材の味を活かし、お好みで絡めるマヨネーズで更なるコクが追加されるという、
つまり美味しいです。
DSC05445
セットで付いてくるわかめスープもいいんですよねえ。
new_DSC05448
そしてこちらラーメン。
以前より赤湯のラーメンのクオリティの高さを提唱しておりますが、
こちらももちろん間違いの無い美味さ。
new_DSC05452
あっさりとした鶏ガラスープによく絡む太めのちぢれ麺という幸せの一杯。
こちらではいつも麺類ばかり頼んでしまいますが、レバニラやホルモンなどのツマミ系メニューも
推しているようですので次回はそのあたりの定食なども攻めてみたいと思いました。ごちそうさま!
DSC05311
というわけで短い時間でしたが天候にも恵まれ、赤湯のお祭りとグルメを堪能することができました。
子供から大人まで楽しめる盛りだくさんなこの祭りにまた来年もお邪魔したいものです。以上です!