new_DSC09060
オリャー!今回は毎年恒例となっております忘年会の模様をお送りします!
DSC08937
というわけで2015年も残すところあと半月となりました12月15日、
恒例の酒先輩ことイシイさんをお誘いして徹底的に飲んじゃおうという年忘れ企画!
山形で飲む=泊まりの管理人はいつものα-1にチェックイン!
DSC08928
本日のお部屋はこちら、眺めのいいシングルルーム!
DSC08935
エレベーター横の自販機コーナーのさきいかが売り切れ中でしたのでご注意ください。
DSC08938
それでは行ってきますと宿を出ると入り口の扉がクリスマス仕様に。
DSC08945
街は聖なる夜に向けてクリスマスムード一色!
DSC08946
あっ、そうだ忘れてたぞ。
DSC08949
サンクスでいつもの儀式を、ヘパリーゼハイパー注入!
DSC08952
待ち合わせの時間にはまだ早かったのでカメラ片手に街歩きとしゃれこみました。
DSC08954
DSC08966
DSC08984
DSC08963
DSC08977
DSC08979
DSC08961
DSC08981
new_DSC08983
DSC08987
DSC08990
DSC09000
DSC08994
DSC09011
DSC09020
DSC09022
DSC09002
new_DSC08968
DSC09053
DSC09057
DSC09006
new_DSC09032
DSC09025
DSC09052
DSC09065
DSC09067
DSC09033
DSC09036
と、小一時間ばかり七日街を散策し、仕事上がりのイシイさんと合流。
DSC09042
お、ほっとなる広場のイルミネーションも点灯されましたか。
DSC09069
今回はあのエリアを攻めてみましょうということで再び移動します。
DSC09114
で、やってきましたのが「小姓町」エリア。
DSC09121
県内有数のお座敷歓楽街として有名だったという小姓町、現在ではその跡地が
目立つようになっていますが、そんな状況の中でも営業しているということは
他ならぬいい店だからってことになりますよね。
DSC09120
お、ここやってるみたいですよ!
new_DSC09078
「久月」さん。
なんの店かわからないのが若干不安ですが、まず一軒目はこちらで!
DSC09106
…自宅?ここは一体!?
DSC09089
とりあえず「いらっしゃいませ」と迎えていただきましたのでカウンター席へ。
こちら「久月」はこちらのお母さんがお一人でやられている小料理屋だそうで、
ご近所さんが集うのサロンのようなお店なんだそう。 
DSC09085
生活感溢れる「まるで親戚の家」という表現がこれほどまでしっくりくるお店ですが、
この住居兼店舗のここで10年、それ以前はご家族と芸者さんを呼んだりする宴会場を
経営されていたというこの街の生き字引のようなお方でした。
DSC09088
うわ、つまようじ出るやつ!これは旅館の粗品のようですね。
DSC09099
メニューはないようですので、とりあえずビールをいただくことに。
DSC09094
出来合いの焼き鳥なのがむしろいい!キャベツのきざんだやつも染みるなあ。
DSC09103
ニンジンや昆布などが挟み込まれた白菜漬け。
DSC09104
もう少しなにか食べたいと思っているところにスッと田作りが。
お正月気分を先取りです。
こんなに貴重な時間を過ごせたのに一人1000円ぽっきり、恐縮すぎます。
DSC09113
ごちそうさまでした、お母さんまた来ます!
1軒目から凄い店を見つけてしまった忘年会はまだ始まったばかり!中編へつづきます。
・【飲み歩き】暮れの山形市で忘年二人会2016・中編