new_DSC03898
さて今回は天童温泉にありますスナック「ダンダン」さんのご紹介です!
DSC03899
かわいらしいタイポな看板が目を引くこちら、スナック&軽食という
昔ながらのスタイルのお店だと思われますが果たして!?
DSC03903
おおお、モダンですね!
最新のカラオケシステムの他はすべてが年期の経った落ち着いたクラシカルな店内。
DSC03904
いわゆるスナックというよりも純喫茶といったようなこの佇まいもそのはず、
以前はお昼から喫茶店としても営業されていたのだとか。
DSC03918
昼の営業をしなくなってからは喫茶メニューも廃止され、
こちらのサイフォンも現在は使用されていないとのことです。残念。
DSC03919
座り心地の良さそうなベロアソファーのボックス席がつい長居してしまうのでしょう。
DSC03907
が、しかし今回はやはりカウンター席で。飲み物はビール、焼酎、日本酒、
ソフトドリンクと基本的なドリンクは取り揃えてあるとのこと。
近年は焼酎が一番人気だとのことですが、ここはやはりスナックですから、
とウイスキーの水割りをいただきました。
濃すぎず薄すぎずの絶妙な割合いでスイスイいけちゃいます。
DSC03927
お通しはひじき煮。家庭の、いやダンダンの味にほっこり。
DSC03943
更にこんな彩鮮やかなオードブル盛り合わせが!
季節のフルーツのブドウにサラミ、ジャガイモのベーコン巻き、こまい干しに
茹でたとうもろこし、水割りが捗るー!
DSC03944
ベーコン巻き美味い!
DSC03938
なにげなく洒落たランプシェードを眺めたところなにやら見覚えのあるロゴマークが。
new_DSC03948
ぷ、プレイボーイ!!
ママが言うにはお客さんがイタズラしてシールを貼っていったとか。
ってこれ全部に貼られてますけどこういうブランドなんじゃないの?
なんてやりとりがありましたが真偽は謎のまま。スナックあるある。
BlogPaint
今年で38年目というダンダンさん、当時はこのお店の周辺がいわゆる夜の街として天童で
最も賑わっていたそうで、その後景気のいい時代にどんどん飲み屋街が広がっていき、
今のように分散化されていったのだとか。
そんな中でもこうして続いているのは、常連客はもちろん、温泉宿の二次会の場として
長年愛されているからこそ。そんなゆったりとした時間が流れるダンダンさん、
予算は飲んで唄って3000円!皆様もお気軽にダンダーンと飛び込んでみてください!
new_DSC03971
スナック ダンダン
山形県天童市鎌田本町1-1-41
TEL 023-654-0600