DSC03869
今回は南陽市に昨年店主が代わり、そのまま居抜きでオープンした「岐陽(ぎよう)」さんのご紹介です。
場所は「食事処6602」があったところ、国道13号線沿いのホームセンタームサシ南陽店の
手前にあります。
DSC02790
前の店の状態をほぼ残したのであろうこの佇まい、今時はオシャレなラーメン店に
リフォームしてしまうご時勢ですが、前オーナーの意志を引き継いだのか、
はたまた改装なんていいから店を始めたかったのか、とにかく居心地は最高です。
DSC02789
この年代モノのテーブル&チェア、石畳の床…。ウットリするような昭和な風景であります。
残念ながら現在この画像にある壁掛けのメニューはなくなってしまいました。
DSC03856
その代わりに各テーブルにメニューが配置されました(2014年5月現在)。
DSC03857
麺類のほかチャーハンや餃子などもあり。
DSC02792
こちらなんと今のところは定休日なし、しかもランチタイム後中休みまでもなしという、
いつでもいけるありがたいお店です。店主の親父さんの寡黙ながらも丁寧な接客が心地よいです。
new_IMAG7778
ラーメン大盛り。着いた途端に器から香る魚介の香り、その風味を殺さない
主張しない醤油ダレ、ツルっとした加水率高めの中太ちじれ麺、
トッピングもメンマ、ナルト、ネギ、海苔、チャーシューが4枚に味玉まで乗って
これはかなりレベルの高いスタンダードで理想的なラーメンですよ!
DSC02799
このスープなら塩も美味いはずだとゆず塩ラーメン。
ゆずの皮とゆずペーストのダブル柚子がこってり目のスープに
爽やかさを加えます。
IMAG8006
醤油、塩ときたら当然味噌も間違いないはずとみそチャーシューメン。
白味噌ベースの甘みとコクのあるマイルドなスープ、プラス50円で辛みその追加もできます。
程よい柔らかさで食べやすい薄切りなチャーシューもこれほど投入されると
相当なボリュームになります。
IMAG8007
この日のサービスの小皿はいつもの沢庵になんとアイスクリーム、いやポテサラが。
いずれにせよ定食とかないのにポテサラが出るなんて珍しいですよね。
しかもちゃんと手づくりで美味しいという。
DSC03861
こちら冷やし中華大盛り。どうですかこの豪華さ!
カニほぐし身、ネギ、トマト、チャーシュー、金糸たまご、マヨネーズ、キュウリ、
わかめ、メンマ、味玉、ハム、紅しょうが、そしてまさかのポテサラ!
たしかにこのサッパリとした酢醤油ダレのに合わないわけがありません。
DSC03862
90度回転。見た目にも楽しい冷やし中華のオールスターたち。
これをつまみながらビールでも飲んだら最高でしょうねえ。
DSC04285
ビールに合うといえば岐陽自慢のギョーザ。
ご覧のような完璧な焼き加減で登場、パリッときつね色の焼き面と
蒸らし面のムチっと感が絶妙です。
DSC04286
野菜多めなあんはしっかりと味付けがされており、このままでも十分イケます。
new_IMAG7781
そしてこちら特大ギョーザは三個で300円。
基本的にノーマルな餃子と味は一緒ですが見た目のインパクトはかなりのものです。
DSC02793
半とはいえ中々なボリュームがある半チャーハン250円。
パラリとした理想系のチャーハンです。カレーや梅、キムチなどの味もあり。
DSC04274
ここまで一点の曇りも見せない岐陽の中でメガヒットがこちら夏限定の「冷しラーメン」。
DSC04282
キンキンに冷た煮干が効いたあっさりスープに、冷水でしめられているブリンブリンな
食感とノド越しの中太なちじれ麺、これは暑い季節になればなるほど楽しめそうな一杯です。
DSC04291
6のつく日は杏仁豆腐のサービスが。杏仁の香り豊かでクリーミー、
サービスじゃなくてもレギュラーメニューにあれば頼むのに。
そしてもうひとつサービスデーとして7のつく日は5回来店で600円引きになる
ポイントカードも進呈されます。ぜひゲットしたいですね。
というわけで何を頼んでも外さない岐陽さん、他のメニューも気になりますので
まだまだ通いつめたいと思います。
DSC03870
ギョーザ ラーメン 岐陽
山形県東置賜郡南陽市長岡437-4
営業時間 11:30-19:30
定休日 なし
TEL 090-2812-8845