DSC07022
さて今回は山形県鶴岡市にあります昨年リニューアルオープンした
クラゲの飼育展示数でギネス認定もされた世界一の水族館のご紹介です!
new_DSC07023
というわけでやってきました新・加茂水族館!リニューアル前からよく来ておりましたが、
新しくなったこの水族館の評判の高さを聞いてとても楽しみにやってきました!
DSC07034
以前水族館があった場所は駐車場に。
DSC07041
広々としたエントランス。
DSC07053
子供達が食いつきまくっているこの水色のモニュメントをよく見ると、
DSC07047
見る人には懐かしい過去にこの水族館についての新聞記事などが描かれていました。
DSC07066
さあ、順番に水族たちを見ていきますよー。
DSC07078
まずは地魚コーナーから。
DSC07081
こちら庄内浜を再現した水槽なんだそう。
DSC07092
庄内の冬の味覚寒鱈ことマダラ!
DSC07074
集団で大混雑中のイワシの群れ。
DSC07082
一見岩のように見えましたがタコ。
DSC07084
そして磯の巾着ことイソギンチャク(適当)。
DSC07099
いじめられているところ助けるといいところに連れてってくれることでお馴染みのカメ。
new_DSC07069
半透明でヒュンとしたフォルムがイカすイカ。
DSC07101
目を凝らさないと気づかないほど小さいエビ、
DSC07104
そして面白い形のこれまた小さいカニ!ああああ可愛いすぎる!
new_DSC07106 (2)
そしていよいよこの水族館の目玉の「クラネタリウム」世界一のクラゲ展示コーナーへ。
DSC07126
DSC07111
DSC07128
DSC07113
DSC07144
DSC07124
new_DSC_0774
DSC07153
と、さすが世界一の展示数,説明を省略したくなるほど様々なクラゲたち。
それぞれに特徴があって見ごたえがありました。
new_DSC07154

そして話題のクラゲドリームシアター!
DSC07155
思っていた以上にデカーイ!!!
なんとこの水槽は直径が5メートル、その中で泳ぐミズクラゲの数2千匹!という、
これでもかという規格外なクラゲ展示なのです!
DSC07165
視界がすべてクラゲ!
DSC07181
全部クラゲ!
DSC07162
子供たちもこの不思議すぎる光景に心をわしづかみにされていたようです。

そんな加茂水族館の神秘的なクラゲたちを映像でどうぞ!
DSC07196
クラゲで軽くトリップした後は外にある展示の海獣コーナーへ。
ビクっとするほどの大きな鳴き声のアシカがお出迎え。
DSC07210
アザラシと目が合う娘。
DSC07255
日に数回行われるこの水族館の人気のアシカショーも見学。
ちなみにプールで泳いでいるアザラシはショーに関係ないそうですが
何かするのかな?と期待させる抜群の存在感でした。
DSC07253
賢すぎ-!人間にはとても真似できないアクロバティックな芸に拍手喝采でした。
DSC07265
続いて屋上スペースにも工夫が施されているとのことで行ってみることに。
DSC07266
ほほー!
ウッドデッキと芝生で構成されたとても気持ちのよいフリースペースになっていました。
DSC07277
もちろん海も眺めることができます。
DSC07283
この日は強風で荒れ狂う日本海!ウミネコが向かい風と戦っておりました。
DSC07043
最後はお土産&飲食コーナーへ。
DSC07044
オリジナルのクラゲグッツも充実。
DSC07046
この水族館の名物スイーツ「クラゲアイス」!
DSC07304
こちらイチゴ味。ツブツブのイチゴと刻んだクラゲがアイスに混入!
DSC07307
そしてこちらクラゲソフトクリーム。この表面にまぶされた黄色いトッピングがクラゲ!
プレーンなソフトクリームにほんのり磯の香りのコリコリ食感がなかなか面白いですね。
DSC07313
純米吟醸酒「海月」なんてお酒まで。
庄内の味覚が味わえる併設のレストランはお昼時で大変混雑していました。
DSC07322
入り口のクラゲ顔ハメでパチリ。
DSC07336
あ、猫。
というわけで生まれ変わった加茂水族館、一番の売りの圧巻のクラゲゾーンもちろんのこと、
他の水性生物の展示も最先端の技術で見やすく分かりやすくなっておりました。
そして以前は階段や段差などもあってベビーカーでは困難な点もありましたが
リニューアル後はその辺りもバッチリ改善されており快適に見学することができました。
またお邪魔しまーす!
new_DSC07340
鶴岡市立加茂水族館
山形県鶴岡市今泉字大久保657−1
営業時間 9:00~17:00
TEL  0235-33-3036
HP http://kamo-kurage.jp/