new_DSC00179
 さて、今回は秋田県の仙北市にあります今や大変貴重なオートスナックドライブインのご紹介です!
DSC00171
秋田県は千北市、角館町雲沢地区の国道341号線沿いにあります「雲沢観光ドライブイン」、
このサイトで紹介するまでもないほど有名な懐かし自販機スポットではございますが、
管理人も念願かなってようやく訪問ことができましたので改めてレポートさせて
いただきたいと思います。
DSC00138
店前には気になる貸家(大小)有りのプレートが。
ちなみに「雲沢ドライブン」、この24時間営業の自動販売機コーナーは別館でありまして、
DSC00174
隣にあるこちらが旅館と食事処がメインの施設、ここのレストランも気になりますー。
DSC00180
それでは中に入ってみましょう!
new_DSC00106
グハッ、壁一面にさまざまなジャンルの自動販売機がびっしりと!
事前に動画で拝見はしていましたがやはりこの実物を拝めば大興奮です!
DSC00090
お飲み物コーナーにはドリンクメーカー各社が勢ぞろい。
DSC00084
そして街道沿いのドライブインには欠かせない充実のゲームコーナー!
new_DSC00086
以前はこのようなラインナップだったのでしょうか、その頃に来たかったなあ。
DSC00129
この動いていない自販機で売られていたのでしょうね。ああタイムマシンがあればなあ。
・『角館遊山(雲沢観光ドライブインは自販機マニアの天国)』
こちら「海象ノ日記」さんによる2009年の様子。当時はハンバーガーが売られていたようです。
new_DSC00142
ん、お座敷?見る限りそんなスペースはないようですが、これはお隣の本館の情報なのでしょうか。
DSC00143 DSC00140
こちらは販売しております、スナックやおつまみ系の自販機。
あーここで一杯やりたいなあ(完全に迷惑)。
DSC00087
温めるものがないのですが、レンジは動くようです。
上部に書かれたレシピ通りに温めてみたかった…。
DSC00131
レンジ下のお湯は出ませんでした。
DSC00085
おおお、こち亀の中川の制服のような日清の自販機!
これ管理人が子供の頃近所にありました。
DSC00134
ちゃんと動いているカップヌードルの自販機もありました。
日清だけかと思いきや他のメーカーもあるのもご愛嬌。
DSC00164
おや、このテーブル面白い形してますね?
DSC00125
真ん中の出っ張りはダストシュートになっているというカラクリが。 
DSC00102
割りばしや七味、コショウは卓上にありました。
DSC00103
こんな新聞記事も。ここは「雲ドラ」っていう愛称なんですねえ。
DSC00095
よし、それでは自販機麺いってみましょうか!
DSC00094
こちらに来る前に立ち寄った佐原商店からセリオンリスタ移設された自販機と同じ
「富士電機めん類自動調理販売機」というモデル、ラーメンと天ぷらうどんがいただけます。
どちらも250円という庶民価格、機械を維持するだけでも大変でしょうに
なんだか申し訳ないぐらいです。
DSC00097
ニキシー管のタイマーが「00」になればチーンと鐘がなって出来上がり!
DSC00108
もちろん両方いってみました!ウマソー!!!
DSC00115
こちらは天ぷらうどん。
しっかりとダシの効いた濃いめのつゆが太いうどんとバッチリ!
かき揚げがふんにゃりしているのは機械の構造上の仕様ですが、これがあるかないかで大違い、
つゆと溶け合うことにより豊かな味わいになっております。
DSC00109
こちらラーメン。メンマにナルト、ハムに刻んだネギと見た目にも見事な仕上がり。
new_DSC00113
麺は細ストレート、当然ゆで麺を温めなおすのでそういう食感になるとはいえ、
機械が作ってくれるこの温もりがなんともいえないスパイスに。
DSC00119
スパイスといえば卓上のコショウがよく合います。
DSC00120
チャーシューではなく赤いハムなのがむしろいい!
味はもちろんハムそのもの!いい!
DSC00123
うん、ここずっと居れるな。
DSC00117
そんなまったりとした時間の中、突然慣れた様子で自転車で店内まで入ってこられたご婦人が!
ええっと、つまりドライブスルー!?


帰ってきてからこの動画をみたらこちらのお母さんじゃないですか!
ちゃんとお話をお聞きしたかったなあ。
DSC00165
続いてゲームコーナーへ。
DSC00151
こういったドライブインにありがちなアダルトなマージャンやポーカーなどがメイン。DSC00148
パチスロもありました。
DSC00147
こちら様々なレトロゲームが一台に納められた筐体。
ネオジオじゃないのにこんなのあるんですねー。
DSC00150
最新のゲームじゃないところが最高すぎます。
DSC00153
点検待ちの筐体も。いいんですよ、遊べなくたって(それはダメだろ)。
DSC00168
いつもの缶コーヒーもここでいただけば一味違います。
DSC00092
というわけでこれぞ日本の現代遺産な雲ドラさんでした。
コンビニなどない時代からこの山の中で24時間ドライバーの空腹を満たし、
疲れを癒してくれるオアシスとなってきたことかと考えるだけで泣けてきますね。
さすがに現役ではないものもありましたが、この21世紀にこれほどまで貴重な自販機たちが
しっかり残されているという秋田の奇跡に感動しきりでございました。


それでは最後に雲沢ドライブインを動画でどうぞ!また来ます!
DSC00169
雲沢観光ドライブイン
秋田県仙北市角館町雲然字山口66-12
年中無休24時間営業
TEL 0187-55-1510
HP http://www.kumosawa.jp/
・参照サイト - 懐かし自販機【秋田県仙北市 雲沢ドライブイン