new_DSC08980
はい、そうです今回は山形県山形市にあります立ち呑みのお店をご紹介します!
DSC08978
というわけで今回やってきましたのが山形市は旅籠町にあります山形を代表する漬物処、
「まる八やたら漬け」さん。
new_DSC08976
こちらには漬物の直営店と併設の「香味庵まるはち」という料亭がありまして、
DSC08982
更に隣にありますのが「旅籠町立呑処」さんです。
new_DSC090323
和モダンなオシャレ空間に流れる80年代のヒット洋楽、
立ち飲みとはいえ混雑時以外は椅子でお酒がいただけます。
new_DSC08995_(20170123_031027)
こちらメニュー(2016年12月現在)。
めずらしい地酒から電気ブランまで豊富な品揃えです。
new_DSC08996_(20170123_031028)
こちらはおつまみ、山盛りキャベツに牛すじ煮込み、缶詰や駄菓子などの気軽なものから
日替わりの大皿メニューまで様々なニーズに応えていただけるのですが、
なんといってもこちらお通し300円でりようでする「漬物BAR」!
こちらは後ほどご紹介しますから少々おまちください。
new_DSC09026
すべてのメニューはこちらのカウンターでキャッシュオンデリバリー方式、
目の前にある大皿が気になりますねー。
DSC09030
そしてこちらの奥にありますのが「漬物BAR」。
new_DSC08988
スバーン!!!
DSC08989
こちらの漬物すべてが300円で食べ放題なんです!
もちろんすべてまるはちさんの謹製品、こんな素晴らしいシステムは漬物屋だからこそ!
DSC01141
そしてこちらは山形の地酒を100円で試飲できる販売機、
「試飲」といえどもちゃんと湯飲み茶わん一杯分ほどありますからしっかり味わえます。
こちらは後ほど。
DSC08993
早速漬物をチョイスして生ビールからスタート!
DSC08998
季節の赤カブや青菜、大根などを盛り合わせに。
そのどれもが漬物なのにいい塩梅かつフレッシュ、箸が止まりません!
DSC09003
そしてこちが大皿料理から豚の角煮とじゃがいも煮。
DSC09001
こんにゃく田楽。
new_DSC09000
焼き鳥の皮を塩で。う~んどれも立ち飲みというイメージではありえないクオリティです。
new_DSC09013
こりゃたまらん、と早々に二杯目は缶チューハイ本搾りのピンクグレープフルーツ。
ちゃんと氷入りのグラスをだしていただけます。
DSC09022
そして漬物BAR二皿目、先ほどとは違ったしっかりと漬かったセレクトを。
う~ん、これは日本酒だなあ。
DSC09020
しかし次を考えて缶の角ハイボール、やはり直に飲むより氷入りのほうが格段に美味いですね。
しかもたっぷり呑めて300円!
new_DSC09017
というわけでサクッと1杯だけでも、もしくはじっくり腰を据えて美味しい漬物と日本酒を、
などなどその日の気分でいろんな楽しみ方ができる山形では珍しいスタイルの酒場なんです。
しかし、魅力はそれだけではないのですよ!!!
DSC01109
それがここ!!!
夏場はこの店前のテラスを自由に使っていいんですよ!

new_DSC01108
クゥーッ!!!
こんな山形市内のど真ん中で堂々と野外呑みができてしまうとは!
new_DSC01125
しかし外でも料理はハイクオリティ!こちら県民大好き「イカゲソ天」。
DSC01148
大粒でいいダシ出まくりな「あさりの酒蒸し」。
DSC01188
日本酒にはこれ「こまい焼き」。
と、すべて300~400円でいただけてしまうんですよね、酔っちゃうねこれは。
DSC01146
こちらが試飲自販機の日本酒、100円で飲める量ではないですよ。
DSC01165
屋外の解放感も手伝ってお酒がいつもよりも美味しく感じますな!ガハハハハハ!
DSC01189
見上げれば夏らしい緑が。
new_DSC01194
テールランプに照らされる赤ら顔、帰宅ラッシュ中に申し訳ございません。


思わず動画を撮影。最高の夕暮れでした。
new_DSC01229
というわけで山形の漬物をこれでもかと味わえ、美味しいお酒と料理に舌鼓、
更に駄菓子に缶チューハイなんていうジャンク呑みもできてしまうという、
これぞ大人の遊び場なスポット旅籠町立呑処さんでございました!
関連ページ・【飲み歩き】初夏の山形市ではしご酒・前編
DSC08983
香味庵まるはち 旅篭町立呑処
山形市山形市旅篭町2-1-5
営業時間 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜日
TEL 023‐634-4108
HP http://www.yatarazuke.com/hanare.html