DSC04266
さて今回は山形県寒河江市にあります名店ONE UP(ワンナップ)さんのご紹介です。
DSC04300
JR寒河江駅前の飲み屋街にありますこちら、設立が1984年ということは
30年以上も続いている老舗なんですね。
DSC04301
入り口すぐの階段を上がります。
DSC04304
エントランスから良さそうな雰囲気が漂っておりますが果たして。
BlogPaint
ウヒャー!!
詳しいことはわかりませんがアイリッシュパブというのでしょうか、まるで寒河江から瞬間移動でも
したかのような異国感!失礼ながら正直ここまで本格的なバーがあるなんてビックリです!
そしてカウンターに立つバーテンダーは全員女性の方という徹底ぶり。スゴイぞここは。
DSC04307
団体客にも対応したシックな黒いレザーのソファー席も良すぎますね。
DSC04309
それではまず無数にあるドリンクメニューの中からコロナビールをいただきました。
お通しはサラダにガーリックトースト。料理を箸でいただけるのは嬉しいです。
DSC04312
ガーリックトーストはこれだけも十分美味しいのですが、後に注文する生ハムなどを
乗せたりもできますので慌てないで!
DSC04315
バーといえばミックスナッツをいただきたいもの。
DSC04321
きました、目の前にあった巨大な枝生ハムを見て頼まないわけにはいきません!
!スペイン産ハモンセラーノの26ヶ月熟成と、同じくイタリア産イベリコ豚のサラミと
パティの盛り合わせ!!!生ハムは噛みほどに熟成された深い旨みが口に広がります!
DSC04325
そしてサラミはすべてイベリコベジョーダ!奥から素材をそのままのソーセージのチョリソ、あら挽きのサルチチョン、そしてペースト状のソブラサーダ(これがバケットとの相性抜群)とそれぞれに特徴があってどれも美味しいです。これはやっぱりワインとかウイスキーとか濃いめのお酒が合いそうですね。
DSC04331
しかしバーで飲みたくなる「ジントニック」を!
薄張りのグラスにキリッとライムとトニックウォーターが効いた目が覚めるような美味しさ。
DSC04337
短い滞在時間でしたがこの風格のある格式の高いの雰囲気の中で気兼ねすることなく過ごせるというのはお店の方のお人柄もあってのこと。選びきれないほどのドリンクはもちろんフードメニューも充実しているようですのでまたお邪魔したい、一歩先を行くワンナップなバーでありました!
・関連記事【飲み歩き】新年度早々から寒河江ではしご酒-後編
new_DSC04299
ONE UP(ワンナップ)
山形県寒河江市本町1-3-32-18-2F
営業時間 19:00~26:00
定休日 第1、3火曜日
TEL 0237-86-6996