new_DSC01747
さあ今回は山形市のファストフード界の重鎮、オリジナルたこ焼き専門、
その名も「たこやきハウス」さんのご紹介です!!!
new_DSC02017
というわけで山形市寿町R286沿いにこの目立つ「マヨタコ」のネオンがかっこいい
巨大看板が目印の「たこやきハウス両国屋」!
DSC02015
駅前のスズラン街にあった頃すっかりこちらの「マヨタコ」の虜になった管理人、
現在はこちらの他、七日町の「大沼デパート」の地下にも支店がございます。
DSC01745
店の外から焼き場が見学できます。
DSC01700
気軽にテイクアウトできるたこ焼きということで利用者の多くが持ち帰りメインと
なっているようですが、店内にはこのようなイートインスペースもあります。
new_DSC01997
テーブル席から。さまざまな種類のたこ焼きがあることが確認できます。
new_DSC01730
たこやきハウスのフロアマット。
足が6本しかないのは持っているたこ焼きに(想像
new_DSC01714
こちらがメニュー(2017年2月現在)。
店内だけのメニューもあるようですのでそちらはのちほど。
DSC01735
ドリンク類はフロートにもできるようですね。あ、ビールもあるな(チラッチラッ
DSC01704
こちら会計時にいただける50円割引券。
割引きは「マヨタコ」「ピリマヨ」「たこやき」「しおタコ」の8個入りに適用されるようですね。
DSC01740
さ、まずこの二種類のタコ焼きからいってみましょう!
DSC01719
昔から変わらないこの箱が味わい深いんですね、サイドに描かれたタコも愛くるしい!
new_DSC01718
オープン!!!
ぐぐぐ、どちらもめちゃくちゃ美味そう!
DSC01727
ビールあるなら買うよねー!
DSC01722
このお店一番人気の元祖「マヨタコ」はフワフワかつシットリとした表面の中に
マヨネーズの風味が混入したネットリとした生地、そしてコリッとしたタコや
シャキシャキの刻み紅生姜がさりげなく主張する楕円型のたこ焼きに
濃厚なオリジナルソースがコーティングするという、今時のカリカリなたこ焼きとは
別次元の美味さ!このコッテリさがビールに合うー!
DSC01712
そしてこちら「しおタコ」。
DSC01728
「マヨタコ」にソースではなくオリジナルな塩調味料が。
こちらのほがより生地の小麦とマヨの味が楽しめます。
初めて食べましたけどこれもいいなー。
new_DSC00032
そしてこちら「ねぎタコ」。
ノーマルなたこ焼きに刻みネギとしょうゆベースのタレでいただくという
オリジナルメニュー。ネギの上にかけられたマヨネーズの有無はオーダー時に。
DSC00036
甘辛い特製タレとネギのシャキシャキがトロリとしたたこ焼きがソース味とは
全く別モノな独特な美味しさですね。
あえてこれじゃなきゃっていうリピーターが多そうなメニューです。
DSC02007
こちらは「ピリタコ」の三個串に刺さった店内のみで販売のスタイル。
いろんな味を楽しみたい時に、おやつ感覚で気軽に味わえますね。
で、このピリタコは先ほどの「しおタコ」に胡椒などのスパイスが加わった大人の味!
これもビールに合いそうです。
DSC01702
そして最後はこちら、
DSC01999
ハーフセット+ドリンクセット!!
DSC02009
看板メニューマヨタコと焼きそばが一皿に!
いろいろ食べてきましたがあらめてマヨタコが一番味のバランスがいいですね。
DSC02011
そしてこちらも肉も野菜もしっかりはいった美味しい焼きそばでした。
new_DSC01699
というわけでオリジナリティ溢れるたこ焼きの数々、なのにどこか懐かしいという
山形のソウルフードといっても過言ではないたこ焼き屋さんでありました。
持ち帰りして食べてももちろんいいですが、焼きたてを店内でいただくのが至福、
可能であればビールも一緒にレッツマヨタコ!!!
new_DSC01691
たこやきハウス両国屋 寿町店
山形県山形市南原町2-8-1
営業時間 10:00~21:00
年中無休
TEL 023-624-0364
HP http://www5.plala.or.jp/mayotako/