new_DSC06680
さて、今回は日本海の夕日に美味しい魚介類、そして昨年リニューアルした水族館などを堪能した
一泊二日の山形県鶴岡市の旅レポートをご覧ください。
DSC06608
というわけで10月7日、久しぶりの旅行にテンションブチ上がりでガソリン給油も軽やかに。
DSC06616
上山インターより車を高速を走らせ、途中寒河江サービスエリアで一休みしました。
new_DSC06614
寒河江といえばさくらんぼ。しかし時期ではないしなあ。
DSC06613
この時期といえば食用菊もってのほか。たしかに美味しいですが
今食べられるものはなにかないかしら…。
DSC06611
これだ!昼食もまだでしたのでパンならばもってこいです。
new_DSC06620
というわけでこれは美味いやつだというような三個チョイス。
塩パンに、季節限定の、更に一番人気というりんごのパン。
ね、間違いないですよこれは。
DSC06623
ほほーこれは美味い!メロンパン方式の二層式になってるんですね、内部はしっとりとしたリンゴ味!
DSC06629
その後、順調に月山道を越えまして目的地である鶴岡市へ。
DSC06632
湯野浜ジャー!
DSC06635
久しぶりの日本海に心踊ります!
DSC06655
まずはゆっくりとその海を眺めようとホテル海山の裏手にある砂浜へ。
DSC06660
ウオー海ー!!!そして若いカップルがデートしてるー!
DSC_0747
晴れていないとこの景色は拝めないわけですからこの日に来て良かったー。
new_DSC06657
ウインドサーファーもいたりしていちいち画になります。
DSC06643
しかし子供たちは雄大な大海原よりも砂あそび。
たしかに普段遊んでいる近所の公園から比べたらほぼ無限の砂。
じゃあ好きなだけ遊んだらいいです。
DSC06671
いやー海はいいなあー。などと眺めること数十分。
DSC06679
…おい子供たち、お遊びはそこまでだ!砂まみれの服をはらい宿に向かうことに。
 DSC06698
10月ともなりますと日が暮れる時間が早くなりますから急がないといけません。
DSC06699
途中なにかあっちゃいけないからとサンクスで酒と肴を補給。
DSC06701
ズバーン!と、本日のお宿はこちら!
DSC06703
「華夕美 日本海」!
天童温泉のホテル王将グループの人気のリゾートホテルです。
DSC06709
案内していただいたお部屋がこちら!一面の窓からは日本海が丸見え!
DSC06723
サービスでいただいたハロウィンのお菓子袋を片っ端から食べ始める子供たち。
ちょ、待てよ!
DSC06717
寝室の隣には談話コーナーもあり。
管理人、このスペースで寝る前にちびりと酒をやるのが好きなんです。
new_DSC06719
そしてなんといってもお部屋からのこの眺め、日本海に沈む夕日をドドーンと!
さあてまずはひとっ風呂いただいてきますか!
DSC06775
浴場は二ヶ所あり、まずは5階にある日本海が展望できる「鳥海の湯」へ。
DSC_0755
子供でも安心の浅めの浴槽に窓からは日本海からの眺めが、いい湯だな~。
DSC_0754
湯上がりに麦茶のサービスが、これはありがたいと息子に飲ませます。
あ、お父さんは用意してあるものがあるから大丈夫です。
new_DSC06779
日没後はホテル下の松林がグリーンにライトアップ!
DSC06787
シャー!!
ありがたいことに部屋には持ち込み用の冷蔵庫もあるので冷え冷え!
new_DSC_0759
あっという間に空になるバドワイザー、二本目はサントリーのザ・パンプキン。
え、かぼちゃ味なの?…いや、ま、まあこれはこれで美味しいですけど、
新しいモルツだと思って買ったんですよね、いや、ちゃんと見ない私が悪いんですけど。
DSC06806
さて、お待ちかねの夕食は地下一階にありますお食事処「飛島」にて。
DSC06808
食事はビュッフェ形式、つまりバイキング、ということは食べ放題!
DSC06807
こちらの特徴は各テーブルに囲炉裏があり海鮮バーベキューが楽しめるとのこと、
これは嬉しい!
DSC06811
ドカーンと海鮮焼きの食材が!
DSC06810
串焼きもあるー!
DSC06815
まずは貝アラカルトから!ヒャッホー!
DSC_0763
勿論こちらもいただきます。生ビールはサントリーのプレミアムモルツ。
new_DSC06833
旨そうなものは焼き物だけじゃないからテーブルが大渋滞!
DSC06827
タイのお刺身。
DSC06825
生タコと吸盤。
DSC06828
カツオのたたき。
DSC06832
そしてお寿司、。
DSC06837
揚げたての天ぷら。
DSC06855
地味な見た目スルー気味でしたがこのあら煮が絶品でした。
DSC06846
子供は早々にアイスコーナーへ。
DSC06848
あら、二種類ももらっちゃって美味しそうですこと。
DSC06858
つぼ鯛やカニなどをじっくり炙りつつ、チビチビお酒でも呑もうかなというその時!
DSC06864
子供はそんな大人のレールには乗ってくれません。
夕食会場すぐ横にあったゲームコーナーへ。
DSC06867
CR倖田來未の激アツリーチに台の取り合いが勃発!喧嘩はやめて!
DSC06996
懐かしい形のUFOキャッチャー。
DSC07000
ぞ、ゾウかな?
DSC06874
子守を妻と交代してもらってのミニ海鮮丼をこさえてみました。無論美味しい。
DSC06877
そして庄内風イモ煮でシメ。
DSC06886
いやー満足、食後は館内をうろうろしてみることに。
DSC06882
「ラウンジはまなす」では二次会のカラオケも楽しめるようでした。
DSC06887
部屋に戻っても素直に就寝なんてことにはなるはずもなく。
DSC06892
もう一回風呂でもということに。
DSC06891
一階にある露天風呂へ。
DSC06900
うおー貸切りー平日最高ー!
丁度良い40度前後の湯と浜から吹く風が心地よかったです。
DSC06909
部屋にもどっていちごオレと乾杯。
DSC06910
普段できない夜更かしができて良かったですね。でももう寝なさいね。
DSC06916
寝かしつけたその後はあれだけ貝を焼いたにも関わらず
勢い余ってサンクスでうっかり購入したトップシェル。でも美味いんです。
DSC06917
しばらくするとこのような座敷わらしが出現するという怪奇現象もあったりして
楽しい夜は更けてゆくのでした。二日目へつづきます。
・【トラベル】秋の鶴岡へ・二日目