new_DSC02406
さて今回は三月に入りましてもはや春?っていうほどに天気もいいし、
なんか暇だし、ということで山形市は蔵王温泉街をブラブラしてまいりました。
DSC02340
というわけで見所の多い蔵王温泉街をブラブラしようと思いたち午後から出かけてきました。
先ほど「暇」とはいいましたが2、3時間ほど時間が空いたってだけだからっ!(忙しいアピール
DSC02341
道路脇の雪面には斜度があっても自由に歩きまわれるなんらかの小動物の足跡が。リスとか?
DSC02347
さてまずやってきましたのが温泉街に3か所ある共同浴場のうちの一つ「川原湯共同浴場」。
つい先日も入らせてもらったわけですけど↓
・【飲み歩き】猛吹雪の蔵王温泉街ではしご酒-後編
DSC02346
こちらの湯は源泉の真ん中に浮かぶように浴場が建っているという温泉ファン垂涎な施設、
では本日ひとっ風呂といきましょうかね…いや、待てよ。
DSC02350
その隣にこんな日帰り温泉施設があるんですよ。
DSC02349
よし、今日はこっちで!
「かわらや」さんは以前は温泉宿だったのですが数年前に日帰り入浴施設に
リニューアルされまして、そういえばまだお邪魔したことが無かったぞというわけです。
DSC02352
「温泉パスポート」も活用できます。
DSC02353
皆さんお分かりいただけますでしょうか?じゃあいきますよー
DSC02378
貸切りジャー! 
DSC02384
窓から差し込む光とこんこんとかけ流される温泉の湯気のコラボレーション、
平日の午後といういわゆるアイドルタイムというベストなタイミング!
DSC02359
こちらも川原湯共同浴場と源泉が同じ床から自噴システムなんです。
DSC02355
ですのでダイレクトに新鮮なお湯が全身に染み渡るこの気持ちよさ!
DSC02363
浴場奥には洗い場もあります。
DSC02373
桶は安定のケロリン、画になりますねえ。
いろんな温泉や銭湯でお世話になっているのに実際に使用したことがないんですよねケロリン
DSC02391
いやーいい湯でした!受付けすぐの場所には休憩所が。
new_DSC02393
冷たいものや食事もとれるようです。
DSC02408
三月に入ったからかこんな山の上でも春の気配が、
しかもこれでもかと温まった湯あがり、これはいただくしかないでしょう!
DSC02424
缶チューハイ片手に散歩としゃれこみましょう。
DSC02417
こちら山からの水に温泉が流れ込むので湯気が上る通称「酢川」。
DSC02421
温泉街らしい湯けむりがとてもいい雰囲気なんですよね。
DSC02427
で、水量が増えるにつれだんだん勢いが激しくなり、
new_DSC02428
この滝のような落差を「どんどん」と音をたてて流れていく
ところから「どんどんびき」と呼ばれているんだそうです。
ちなみにですがポケモンGOのポケストップにもなっています。


そんな酢川のどんどんびきまでを動画でどうぞ!
DSC02430
「どんどんびき」すぐ横にあるよねや百貨店では蔵王の温泉成分を固めた「湯の花」が
販売されております。これで自宅のお風呂でも蔵王の湯が楽しめます。
DSC02511
蔵王名物稲花餅はこの時間(午後3時ぐらい)には売り切れ。
あらかじめ前日に予約するか午前中のうちにどうぞ。後編につづきます。
・【飲み歩き】晴れたの日の蔵王温泉街をぶらり、ケバブとビールとすのこ湯へ-後編