new_DSC05817
さて今回はめずらしくアウトドア活動のご報告、
山形県蔵王スキー場で二日間にわたり白銀でシュプールを描いた記録です。
DSC05789
というわけで3月の14日、もうすぐシーズンが終わる蔵王スキー場で天気もいいし
たまにはスノーボードでも滑ろうじゃないかとぱち君と午後からでかけました。
DSC05794
こちら上の台ゲレンデから中央ゲレンデやダイヤモンドバレーなどをつなぐスカイケーブルからの眺め。
DSC05798
この時期なのに前日までの降雪で木々も白く染まっておりました。
DSC05801
やりましたこの時期にしては雪質悪くないですよ!
DSC05802
よしよしと、まずは蔵王大権現堂へ。
DSC05800
人々の平和を見守ってくださるという大権現様にこのツアーの無事を祈願しました。
DSC05805
続いて見返りペアリフトへ。
DSC05808
標高が上がるほどに新雪が、これはナイスビューが期待できるんじゃないでしょうか?
DSC05823
ほうら絶景ですよ!中央に見える三宝荒神山と地蔵岳の美しいことよ!
DSC05821
こんな最高のコンディションですから滑り降りる前にちょっと寄り道。
DSC05826
それはこちらの鳥兜岳の展望台。
昨年も今ごろ訪れたのですが生憎の天気で今一つの眺めだったのもので再びやってきました。
DSC05852
ドヒャー!
こちら鳥兜山の山頂はスキー場のほぼ中心に位置するので蔵王を一望できる大パノラマが楽しめます。
DSC05837
開運の鐘を鳴らすぱち君、開運間違いなしですね。
DSC05834
そしてこちらに鎮座されております蔵王大黒天様に手を合わせ商売繁盛!
DSC05853
この展望台は晴れているときには月山や朝日、飯豊そして時には鳥海山までもが見えるといいますが
果たして今日は…!?
DSC05838
ヒュ~!
若干霧がかっていますがそこそこ遠くの山々まで見渡せますよ!


絶景を動画でどうぞ!
DSC05863
その後は中央ゲレンデは滑り降り、
DSC05870
ドッコ沼へ。
サマーシーズンは登山やトレッキングなどの名所でエメラルドグリーンの美しい湖です。
DSC05868
お、奥のほうはもう水面が見えていますね。
DSCN7329
ちなみに夏はこんな感じ、四季折々の美しい風景が楽しめる森の湖畔です。
DSC05869
白樺+青空=北国の春~♪
DSC05874
今回はこの記事をご覧の皆様だけにマル秘グルメスポットをご紹介します。
DSC05873
それがこちら!
スカイケーブル終点の休憩所にあるのがこのマルちゃんの自販機!もちろんお湯もでます!
DSC05884
赤いきつねとピンクのスーパードライ、天気がいいので外でいただきます。
DSC05882
同行のパチ君は対抗してか青のセレクション。
DSC05888
いつもの赤いきつねも外で食べるカップ麺って三割増しぐらい美味しいですね。
DSC05890
そしてもちろんビールも格別、この限定缶のおかげでなんだか花見をしている気分になります。
DSC05896
この後は高鳥コースを何本か滑ってケガもなく終了しました。
あまりにも楽しすぎてこれはシーズン中にもう一回ぐらい滑ってもいいねなんていう話に。
DSC06488
そんなことでその翌週も時間を作れましたのでゲレンデへ繰り出しました。
今回はカメラ片手のキャベツさんも同行。
DSC06492
ああああ、
一週間でザクザクなコンディションに。
DSC06497
木々も新緑の季節が待ち遠しいことでしょう。
new_DSC06500
あーやっぱり三月ってこんな茶色い感じですよね。先週が当たりすぎだったようです。
DSC06503
中央ゲレンデを滑り降ります。
DSC06504
数年ぶりのスキーと格闘するパチ君、時間がないから怪我しない程度に急いで!
DSC06510
続いては中央第二ペアリフトへ。
DSC06512
片貝コースからパラダイスゲレンデへ。もうすぐリフトも終わる時間なのでほぼ貸しきり状態。
DSC06517
樹氷はもう溶けちゃった樹氷原コースを滑り下り、
DSC06519
ゆ、雪だるま?
DSC06520
ロープウェーの樹氷高原駅へ。
DSC06521
せっかくなのでスキーでいける一番山頂を目指します。
DSC06526
おおお、まだ樹氷残ってるじゃないですか!
DSC06531
地蔵山頂駅に到着。気温はそんなに低くはないもののそこは山頂、相当な風が吹いておりました。
DSC06530
その鐘を鳴らすのは…またお前か!
DSC06534
お地蔵様にご挨拶、先週と合わせて蔵王三大神めぐりコンプリート。
DSC06535
冬の間は雪に積もられまくるお地蔵様、この時期でもまだこんなに埋もれてらっしゃいました。
DSC06540
こちら宮城県側の景色。…お、あの黄色いのはなんだ?
DSC06538
テント!何らかの訓練でしょうか、あえてこの時期に雪山キャンプとはサバイバルですなあ。
DSC06543
長居するにも寒すぎますので早々にザンゲ坂を下ります。
DSC06547
恋している女の子は半分不思議とよく言ったものですがこちらは半分樹氷、
完全体ではないこれもまた自然の造形美ですね。
DSC06551
この雪もあと数日の間に落ちちゃうんでしょうねえ。
DSC06571
ちょいとお茶でもしようとパラダイスゲレンデに戻り、ホテル&レストラン「樹氷の家」へ。
DSC06557
ガビーン!
DSC06561
だからやってないってば。
※追記・なんとこちらこの数ヵ月後に営業を止められたとのことでこの日行けなかったのが
本当に悔やまれます。
DSC06567
仕方がないので自販機でジョージアを。
いやでもこのロケーションで飲む缶コーヒーもオツなものですよ。
DSC06573
そんなことをしているうちに日が暮れ始めリフトも終わったしと下山しました。
DSC06583
というわけでこの冬の野外活動は二回で終了しました。
やはり広大なスケールを持つ蔵王スキー場はゲレンデに立つだけでも雄大な気持ちにさせてくれますね。
そんな自然大好きなネイチャー管理人、来シーズンもできるだけ雪山に立ちたいなと思う次第です。