new_DSC01193
おばんでございます!こけし四天王です!
今回は猛吹雪の雪山ではしご酒を繰り広げた模様をお送りします。
DSC01180
とうわけで今回の舞台は山形市一大リゾート地の蔵王温泉、
バブル時代のスキーブームの頃から比べると大分静かになった印象はありますが、
しかしながらこんな時代に生き残っている店こそが名店であるという証、
今回もそんないいお店をご紹介いたしますよー!
DSC01181
お相手は2017年から発足したチーム「Pub crawl japan(仮)」のリーダー
イシイさんと今年一発目のはしご酒ツアーとなります。
なんでもイシイさんは蔵王温泉で吞んだ時が今回初めてとのこと、
それならばこの蔵王の魅力を存分に味わっていただこうということに。
new_DSC01184
霧がかっているように見えますが、かなりの雪と風にみまわれております。
つまりド吹雪です。
DSC01187
モノクロ写真のような画像が続くと思われますがこれが冬の雪山の現実です。
DSC01190
さて一軒目はこのブログで昨年のオフ会もお邪魔しました「ろばた」さんです。
・【飲み歩き】10年ぶりの雪山オフ会
DSC01192
全館床暖房でふとんなしでもぽっかぽかな掘りごたつ式のテーブル。
new_DSC01195
これはなかなかのハイカロリーコンロですねとイシイさん。
DSC01208
生もありましたがあえての瓶ビール、一番搾りで乾杯!寒くたってビールは美味い!
DSC01239
お通しの沢庵をボリボリやりながら待つこと数分…
new_DSC01214
ジンギスカーン!
DSC01217
蔵王で発祥したという説もあるジンギスカン、このような極上のラムが提供されるのを
見れば納得してしまうというもの。
DSC01210
半年寝かせるというこの特製のタレはこれだけでご飯が食べられるんじゃないかと
おもえるほど。
DSC01225
ジュー!!!
発祥とかルーツとかもはやどうでもいいんです、この目の前で焼かれているお肉が
美味しいんですから!
DSC01241
卓上の一味を加えてピリ辛にしてみたり。


イシイさんがYouTubeに初投稿した美味しそうなジンギスカン動画もご覧ください。
この処女作の後に大変な動画をアップしだすことになるわけですが↓
・【グルメ】新生YouTuber「飽きやすい性格」さんがヤバイ
DSC01252
箸休めにヘルシーなものをと「なめこおろし」。熱々で提供されるという嬉しい誤算。
DSC01243
山菜「みずこぶ」などもチョイス。独特な食感が珍味~。
new_DSC01230
「これなら5人前は食べられる」とイシイさん、管理人も追加したいのは山々ですが
ここで終わるつもりですか、違いますよね、さあ次いきましょう。
DSC01258
続いてアテンドいたしますお店はろばたさんからすぐ近く、
DSC01260
それにしてもしばれるねえ。
DSC01263
割烹居酒屋の老舗「幸福」さん!
DSC01268z
一年ぶりの幸福さん、親方も女将さんもお元気そうで何よりです。
DSC01265
なかなかの混みようでまずはカウンター席へ。
DSC01266
クラシカルな男山の灰皿。
DSC01270
シュワッと爽やかレモンサワーをいただきます!
DSC01272
やりましたお通しは生タラコのしょうゆ漬け。これ美味いんですよ!
DSC01279
こっちのテーブル空いたからどうぞ、え、いいんですかじゃ遠慮なくと移動。
DSC01275
いや-やはりこの癒しの眺め、この歴史あるこの店内で一杯やれるだけでも
ここに来た甲斐があるってものです。
DSC01280
で、タラコのしょうゆ漬けの繊細で上品な美味さにウットリ。
DSC01283
タラコもいったら白子もね!ということで幸福オススメ白子ポン酢。
チュルンと口に入ればさっぱりと自家製のマイルドなポン酢がベストマッチ。
 DSC01287
焼き魚のおすすめは一夜干しのカマス。むほー白身なのに淡白かと思いきや
脂が乗ってるし旨味が濃いぃぃ。
DSC01286
熱燗ー追加ー!
おかみさんによる適格な燗つけ具合の地酒「男山」が染みる~。
new_DSC01276
ラーメンを食べにきている外国人の方との楽しいひと時、このド渋の居酒屋にインターナショナルな賑わいがとても新鮮でした。後編へ続きます。
・【飲み歩き】猛吹雪の蔵王温泉街ではしご酒-後編